パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

通信資格のラーキャリ

終活ライフケアアドバイザー資格取得講座

通常価格 ¥39,500
通常価格 ¥49,500 セール価格 ¥39,500
期間限定価格 売り切れ
コース
認定証のタイプを選ぶ

最短3週間で取得可能!

「終活」とは、自分が最期まで自分らしく生きるため、子孫が困らないために人生の最期に向けて準備をしておくことです。遺言書やエンディングノートの書き方、社会保険、相続の仕組みについて学ぶことができます。これらの終活に関わる知識を身につけて、アドバイスした方が自分らしく生きる手伝いができる資格が終活ライフケアアドバイザー資格です。

終活ライフケアアドバイザー資格取得講座

通常価格 ¥39,500
通常価格 ¥49,500 セール価格 ¥39,500
期間限定価格 売り切れ
税込
       

Customer Reviews

Based on 35 reviews
66%
(23)
29%
(10)
6%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
3
30代/男性
楽しく出来ました。

独学で学んでいた為、きちんとした教材で勉強できてよかった。

3
30代男性
資格取得してほんとによかったと思っています。

資格取得してほんとによかったと思っています。

3
30代/男性
自信がつきました。

次のステップに進める自信に繋がりました。ありがとうございました。

5
50代/男性
ありがとうございました。

資格が取れたので転職に向かって進みます!!

5
50代男性
わかりやすかった

テキストで丁寧に説明されていてわかりやすかった

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

資格取得後の開業・独立を目指すならラーキャリ!

ラーキャリでのサポートは試験に合格し、認定証が発行されるまでではありません、資格取得後に開業や独立される受講者様の支援などもおこなっており、資格を取得後の新たなスタートもしやすい環境を作っております!

詳しくはこちら

終活ライフケアアドバイザー資格とは?

PPK、いわゆる「ピンピンコロリ」を目指そうとする社会は本当に良いものでしょうか?

体は元気であってもコロリと急死してしまっては死への心積もりができないままとなり、残された家族も急な死を受け入れることができないかもしれません。

反対に病気になり体が思うようにいかなくなったとしても、やり残したことを行動に移すことが困難となると人生の生きがいを叶えるには手遅れとなります。

終活は、必要になってからではなく、必要となった時までに準備を終わらせておくことが重要です。

家族が困らないように延命治療などの意思決定や遺産などの権限をどうするか、セカンドライフをどのように過ごしたいか人生の振り返りをするという重要な目的を叶えます。

超高齢社会に突入した今、この「終活」をサポートすることができる終活ライフケアアドバイザーは欠かせないスキルといえます。

最新キャンペーン情報

春の資格取得応援キャンペーン

全資格10,000円引き!

2024年 春の資格取得応援キャンペーン実施中!!

対象の講座はすべての講座が対象となります。
(試験のみは対象外となります)

・自分にどんな講座が合っているか分からない。。。
・勉強を続けられるか分からない。。。

そんな悩みがある方はお気軽にご相談ください!

 

 

 

※下部に弊社公式LINEがございますので、

ご質問などはお気軽にお友達追加後にご連絡ください。

 

キャンペーン期間

令和6年6月30日 23時59分まで

全額返金保証サポートで安心

万が一不合格となっても、全額返金保証で安心して受講ができます!!

詳しくはこちら

何が学べるのか?

実際にどんなことが学べるのか?を教材の一部から抜粋してご紹介します。

※内容については更新されることがあります。

Curriculum-01

終活をおこなうにあたり必要な基礎知識を学習できます。終活に必要なことは、自分の「身の周り」や「お金」について把握し、相続の準備をすることです。終活ライフケアアドバイザーの役割や終活の準備や対策について理解できます。

◆目次◆
【Part.1 終活の基礎知識】
01.終活の重要性
・終活とは
・終活の背景
・終活に必要なこと
・終活のタイミングとは

Curriculum-02

就活を進める上での知識を習得できます。お金の管理の手順や、財産の整理、またエンディングノートの活用方法を細かく理解できます。法的拘束力のある「遺言書」についても学ぶことができます。

◆目次◆
【Part.2 終活の進め方】
01.お金を誰に残したいか
・お金の運用
・財産別の整理方法
・介護と終末期医療
・相続について
02.生前整理(自分史)
・エンディングノートを活用する
03.生前整理
・遺言書の効力
・遺言書が無効にならないためのポイント
04.生前整理(その他)
・葬儀について
・写真整理
・断捨離
・データ管理
05.介護について考える
・介護の種類
・介護施設の選定    etc

Curriculum-03

終活は、一気におこなうものではなく、体力が必要なものから段階的に始めていきます。何から準備していくのかなど、段取りを習得できます。
また、銀行口座は死亡を確認した時点で凍結してしまいます。そのような終活の落とし穴の解決方法も学習できます。

◆目次◆
【Part.3 終活の準備と注意点】
01.終活の取り掛かり方
・健康寿命=自由に動ける最後の年齢と捉えて逆算する
・体力が必要な物から始める
・不用品の整理は1年後に再度見直す
02.終活の落とし穴
・銀行口座の凍結問題
・詐欺や悪徳商法
・エンディングノートと遺言書
・相続が起きた後に詳しい専門家か
・後悔しない終活にするために

実際に学べる内容の一例をご紹介

終活とは

「終活」とは、「人生の終わりのための活動」です。人生の最期を迎えるまでの準備をおこなうことを意味します。具体的には、身の回りの整理、財産の相続を円滑に進めるための計画や準備、葬儀や墓の準備がおこなわれています。人生の終わりを考えることを通して、自分を見つめ直し今をより良く自分らしく生きることが、終活の1 番の目的です。終活は自分の死後のために、周りのことを考えて取り組む方も多くいます。しかし、自分が健やかな気持ちで残りの人生を過ごすためや、充実した人生を送るためにも必要です。

終活に必要なこと

自分の財産を把握する
第三者への漏洩を防ぎ、遺族に自分の資産を確実に渡すためにも、個人情報は必ず把握し、整理しておくことが大切です。個人情報は銀行口座、クレジットカード、生命保険をはじめとした各種保険、さらに株やFX の取引などの取引情報も含まれます。また、スマートフォンやパソコンなど個人情報が多く入っている電子機器についても忘れないようにしましょう。

エンディングノート
セカンドライフ、亡くなった際の葬儀やお墓に対する希望、今まで歩んできた道のり、個人情報や財産、家族や友人に伝えておきたい気持ちなどを書き残しておくための手段がエンディングノートです。エンディングノートは特に指定はなく、市販のノートに記すなど方法はさまざまです。専用のエンディングノートを購入する場合、費用は安いもので500 円から購入することができます。インターネット上ではエンディングノートを無料でダウンロードすることもできます。

財産の把握・リストを作成する

終活をおこなう上で重要な事項のうちの1 つが「お金の管理」です。自分が亡くなった後に大切な人に財産を引き継ぐ予定がある場合は、自分の財産を把握してリストを作成しておく必要があります。財産は現金だけでなく預貯金や不動産など、さまざまな形で存在していることがほとんどです。この財産をお金に換算したものをリストに書き出して作成します。生前にこのような作業をおこなっておくと、亡くなった後の財産整理がわかりやすいため、大切な人へ負担を掛けることなく引き継ぐことができます。

関連情報

終活を必要とする方は8割以上

終活情報を発信するメディアが集計したデータによると、終活をおこなう必要性があるか、という問いに対して「はい」と回答された方は84%という結果があります。「はい」と答えた方は、葬儀や相続の手続きなどで起きるトラブルを減らし、身内に迷惑をかけたくないという理由や、遺産相続でのトラブルを避けたいというような理由がありました。
このように終活の需要はあり、終活関連サービスは非常に大きなマーケットを持っています。日本人は世界と比較してもまれに見る資産を保有しているため、終活のプロが居ればいろいろなことが相談でき、需要があるというわけです。

終活はアナログばかりではない

葬儀や遺産、財産の分配について、後に家族がトラブルになったり、困ったりしないように自分の意志をしっかりと残しておくことが社会全体で推奨されています。現在、アナログ資産だけでなく、パソコンやスマートフォンのようなデジタル資産をめぐったトラブルも続出しています。デジタル資産には本人にしか分からない情報があり、残されたものは手がかりがないとデータを開くことすらできません。大きなトラブルにならなくてもインターネットバンキングなどの存在を知らなければ残された家族に負担が掛かることがあるためしっかりと準備が必要です。

自分にも活かせる終活ライフケアアドバイザー

終活は資産や介護、医療、お葬式など広い範囲で学ぶことができる資格です。また、終活に関する知識がまったくないと、どこにどのように相談をすれば良いかも分かりません。
ラーキャリの終活ライフケアアドバイザーで学習をすれば基本的な知識を学ぶことができるため、そのような悩みもなくなり、状況によっては自身で解決することも可能になります。
ある一定の知識をもって終活を検討されている方に対して悩みや疑問を切り分け、ふさわしい専門家を紹介したり、エンディングノートの書き方のアドバイスをしたりするなどお仕事に繋げることも十分可能な領域となっています。

  • メリット01

    資格の取得で顧客との信頼関係を築く!

    資格取得をすることで終活の基本知識が身につくだけでなく、お客様に対して資格取得が信頼につながることが最大の魅力です。終活の知識や資格があればお客様が安心することができ、就職時にもアピールできますよ。

  • メリット02

    終活の準備方法について習得できる

    年を重ねるにつれて、セカンドライフや資産などの終活の準備が重要になってきます。どのように終活を進めるか分からない方も終活ライフケアアドバイザーで終活をするための準備に必要な知識や実践方法について学習することができます。

  • メリット03

    遺言書の法的効力などについて理解できる

    遺言書やエンディングノートの違いはご存知ですか?法的拘束力の違いがありますが、終活において、どちらも欠かせないものとなります。このように、遺言書や相続など、法律に準ずる必要があるものに関しても知識をつけることが可能です。

  • メリット04

    試験合格からすぐにアドバイザーとして活躍可能

    終活の基礎から実践の知識を習得できるため、現在高齢者などライフプランについて意識し始める方と携わっている業種の方は、すぐにでも合格後は現在の仕事に活かすことができます。他にも、これからスキルアップのツールとして活用していただけます。

ラーキャリ 選ばれる理由PC (1).jpg__PID:182978e3-3614-47d0-918e-c970a4a1efef
ラーキャリ 選ばれる理由_SP (1).jpg__PID:78e33614-37d0-418e-8970-a4a1efef2b6f
ラーキャリの資格は履歴書への記載OK!_SP (1).jpg__PID:361437d0-518e-4970-a4a1-efef2b6f48a6
無料テキストサンプル 全体1_SP (1).jpg__PID:37d0518e-c970-44a1-afef-2b6f48a6a83a
講座のお申し込みはお電話でも!_SP (1).jpg__PID:518ec970-a4a1-4fef-ab6f-48a6a83a05cd
資格取得の流れ_SP.jpg__PID:c970a4a1-efef-4b6f-88a6-a83a05cd95ac
資格取得安心サポート.jpg__PID:e8b81235-9e4f-4317-9ce8-ffbecf0c465a

お届けする教材について

テキストから問題集、本試験前の添削課題、本試験が揃ったセットをお届け

「通信講座+試験」コースの場合、本試験に合格するための「テキスト」、テキストの内容をインプットするための「問題集」、本試験前の最終チェックとしての「添削課題」、そして、認定証を発行するために必要な「資格試験認定試験」4点をセットにして自宅にお届けします!
また、資格試験の合格後に一般社団法人日本技能開発協会より発行される認定書の費用も含まれており、他に年会費が掛かることなどもございません!
※教材のイメージとなります。実際はお申し込みの資格に準じた教材が届きます。

資格試験について

ご自宅で試験を受けることができる在宅受験に対応!

ラーキャリは、資格認定をおこなっている「一般社団法人日本技能開発協会(JSADA)」が定めている基準を満たしており、ラーキャリの資格試験は自宅でおこなうことができます。
合格通知とともに、資格取得の認定書(ディプロマ)が届きます。
認定書は資格取得の証明となりますので、各々のスキルアップにお役立てください。 年会費や更新料は一切なし。もちろん肩書に記載していただくことも可能です。「ラーキャリ」の資格保持者として、活躍してください!

認定書について

必要に応じて3種類から選べる認定証のタイプ!

試験合格後に発行される認定書は、保管をしたり、お店に飾ったりするなど異なるため、ラーキャリでは認定証のタイプを3種類から選べるようにしております。
・シンプルな認定書のみをお届けするタイプ
・保管に適した証書ケースが付属したタイプ
・店舗などお客様から見えるところに飾るのに適したアクリル製スタンドが付属したタイプ

証書ケースやアクリル製スタンドが付属したコースをご選択頂きますと、認定書をセットした状態でお手元にお届けいたします!

試験は自宅で受験!

試験は試験会場に出向いて受験するのではありません! 自宅やカフェなど、場所や時間に左右されずに受験可能です。 外出不要なので交通費もかからず、平日や休日も忙しい方にもピッタリの学習スタイルです。

合格後の認定証は約1週間でお手元に届きます!

資格取得後は、専門知識を持っていることが証明されるディプロマ(認定証)が発行されます。素早く届くので、これからの就職活動に役立てたい方にも安心です!

試験のみの申し込みも可能です!

今ある知識で資格取得に挑戦してみたい方! 試験のみでお申し込み出来るコースをおすすめします! お申し込み後に届く試験解答用紙に解答して郵送すると、試験結果がメールにて届きます。 最短で手軽に資格取得も可能。 ※再試験の場合は再受験料5,000円がかかります。

学習期間安心の2年間!

申し込みから試験までの期間が短いと、仕事や他のことに支障をきたしてしまうかもしれません。焦ると知識も中途半端に…。 ラーキャリには学習時間の制限は2年間と長期間に設定しております! 申し込みから試験まで、自分のペースで進めていけるので、じっくり知識を深めることが出来ます!

ラーキャリで資格を取得するメリット

試験評価シートで自身の強み・弱みが分かる!

受験される方の目標はただ試験に合格し、認定証をもらうことではなく、講座で学んだことを仕事や日常生活に活かすことだと思います。そのため、ラーキャリでは受験される方々の今後のために、添削課題・本試験終了後に「試験評価シート」を発行しています。間違えた箇所は試験終了後に復習することで長期的な記憶に変わっていきます!

分割でのお支払いはクレジットカードがなくても利用できます!

ラーキャリは、分割払いでのお申込みにも対応しています。
お支払い回数は最大3回までとなりますが、弊社指定の銀行口座に規定の期日以内にお支払い頂くかたちでご利用可能です。支払いを分割にすれば、家計も苦しくなく、無理なく支払い計画を立てることができます。

添削課題を提出しなくても資格取得ができる!

資格取得のサービスを利用する場合、課題の提出は必須になっていることが多くあります。そのため課題の提出を行わないと先に進めない仕組みになっており、わずらわしいと感じる方もいらっしゃると思います。ラーキャリは添削を提出しなくても認定試験に進めるため、自分に合った方法で取得を最短で進めることができます!

24時間365日、分からない部分はLINEで質問できる!

教材が届いてから一人で自宅で勉強する中で、「ここはどんな意味なんだろう」「もっと詳しく知りたい」など様々な疑問が出てくることが御座います。そんな皆様には、ラーキャリの公式LINEよりトークを頂ければ質問に対する回答をお送り致します!ラーキャリでは少しでも多くの方に合格を目指して頂きたいため、しっかりサポート致します!

企業での採用実績.png__PID:4ba30668-44ce-4b4e-b28f-9b4fcef4ef8d