コーチングについて

コーチングプロフェッショナル資格はこちら

この資格を見に行く

コーチングとは

元来はスポーツなどで用いられてきた技術で、学校などで行われる「ティーチング」と一線を画すものです。答えを伝達するティーチングに対し、自ら答えを導き出せるように引き出すことがメインの技術です。

多様性が求められる昨今、特にビジネスシーンでコーチングの重要性が注目され、リーダーや管理職の方が高い関心を持っている分野です。

コーチング技術を習得することで、より組織成果を生み出せるゼネラリストにと期待が高まっています。

コーチングは、その名前の通り「コーチ」という部分が象徴しています。

もともと「コーチ=運ぶ」という意味で、望んでいる場所に導くことからコーチングという言葉が使われるようになりました。

コーチングの歴史は実は深く、ハーバードビジネススクールの教授がコーチングの重要性を上げたことがきっかけと言われており、1950年頃がスタートとなっています。

それからコーチング分野は特にビジネス領域と共に発展し、日本国内でも多くのビジネスパーソンが注目するようになりました。

歴史についてもっと詳しく

コーチングや分野として進化していく中で、体系がより洗練され、それが資格という形で登場するようになりました。資格には公的資格と民間資格があり、コーチングについては民間資格となっています。

指導対象の自立性を促す技術であるため、最も注目されているのはビジネスシーンでのリーダーや管理職の方々で、その次がスポーツやアスリート領域のトレーナーの方々です。

最近ではパーソナルトレーナーの方が資格取得されるケースも多く、技術特性として汎用性が高いためかなり多くの分野で有用といえます。その技術を保持していることが第三者からも見える形であることが資格取得の最大のメリットと言えるでしょう。

民間資格であるため、様々な団体の資格が登場しており、ご自身の状況に適したものを検討されることがおすすめです。

コーチング資格コースを見に行く

コーチングの資格をお仕事で活用するとしたら、最も有力なのはやはりリーダーや管理職などゼネラリストの方だと思われます。

これまでの様に、決まったやり方を数多くのメンバーに実践させるのではなく、自ら考え、問題発見からその解決まで実行できる人材育成がゼネラリストには強く求められるようになりました。

そのため、ティーチングのような答えを伝達するのではなく、答えを導きだすためのメソッドをいかに伝えることができるかが重要であるため、体系的にまとめられたコースの中で習得する方が効率であり、資格取得の意味であるといえます。

もちろん、実践が重要であることは言うまでもありませんが、その入口に立つにあたって、無手で臨むのではなく一定の学習を済ませてから行うことでより高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

1 / 4