パーソナルカラー資格独学 アイキャッチ

パーソナルカラー資格は独学でも取得できる?勉強方法やおすすめを紹介

 

パーソナルカラーの資格には「スクール」「通信講座」「独学」といった3つの勉強方法があります。また、資格によっても学べる内容は大きく異なります。

この記事では、パーソナルカラーの特徴やおすすめの資格を解説しています。 独学で取得できる資格も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

 

パーソナルカラーの勉強方法

パーソナルカラーの勉強方法には、次の3つの方法があります。

  • スクール
  • 通信講座
  • 独学

それぞれの勉強方法について詳しく解説します。

 

スクール形式

スクール形式は、教室などを展開しているサービスに通い、講師の方から学ぶことができます。パーソナルカラーをスクールで学ぶメリットは、効率よく学習をすることができる点です。分からない点は講師に質問することもできますし、 実際にパーソナルカラーの診断をする実習が組まれているスクールもあるため、実際に目や髪色、洋服の色、顔を見て判断することでき、より実践に近いかたちで学ぶことができます。

 デメリットとしてはやはり費用面が高額になりがちになる点と、スケジュールの柔軟性がない点です。スクールは単なる教材の費用だけでなく、対面での費用、ドレープにも費用が掛かるため、かなり高額になりやすく、20万円以上の価格帯となるため、ハードルが高くなります。

 

通信講座

通信講座は、テキストでの学習や動画講義を中心に自宅で外出をせずにパーソナルカラーの資格を取得することができます。もちろん、社団法人等の団体が認定している資格なので、スクールで取得する資格とは変わりはありません。

自宅でプロの方から学ぶことができるため、忙しい社会人の方にも通信講座は人気です。また、スクールに比べると、料金負担が少ないというメリットがあります。

お金は掛けたくないが、独学で勉強できるか不安という方は、通信講座がおすすめです。

 

独学

独学で勉強をするメリットは、経済的に安く試験対策をすることができるところです。 パーソナルカラーの教本はたくさんあるため、自身が理解しやすい教本を選ぶことができます。

しかし、独学で勉強する際は、理解ができない範囲があると勉強のモチベーションが下がってしまいます。また、実践的なことを学ぶことは、難しいでしょう。

モチベーションが低下しないためにも、独学で勉強をする際は、SNSなどを利用して、アドバイスがもらえる環境を作るようにしましょう。

 

勉強時間と勉強の進め方

「スクール」「通信講座」「独学」3つの勉強方法について解説しました。 次に、それぞれの勉強時間と勉強の進め方を理解することが重要です。

 

スクール

パーソナルカラーをスクールで学ぶ際は、プログラムが決まっていることがほとんどです。 短いものであれば1日でプログラムが終わる場合もあります。しかし、長い場合は、数週間とスクールに通う必要があるため、注意しましょう。

勉強方法は、スクールで用意された公式テキストを使い、勉強を進めていきます。実践的なことを学習する場合は、講師とショッピングで買い物をしたり、化粧を実際にすることもあります。

そのため、プロの講師からのアドバイスや助言をその日のうちに復習するということが重要です。実際分からないことがあった場合は、次の授業で講師に質問をするようにしてください。

 

通信講座

通信講座で学ぶ際は、学習に必要な教材一式が自宅に届き、基本的にはその教材を用いて自宅で読み進めて学習をするかたちとなります。

一人で学習することになるので不安を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、学習内でのご不明点は電話やメール、LINE等で講師の方に質問ができるようになっており、分からない部分はすぐに質問して解決できるのでそのような不安はないことが大半です!

通信講座の中には、カラーカードなどの、道具を利用した学習内容もあります。 通信講座での学習は、スクールに比べると、実践的なことを理解しづらいですが、学習をした内容を日常生活で活かし、実践的なアウトプットをすればしっかりと身につけることが可能です。

 

独学

独学で学習する際は、勉強時間を自分でコントロールする必要があります。勉強時間を確保する際は、スタートを早め、余分に確保することが重要です。

また、パーソナルカラーの資格によっては、受験日が決まっている場合があります。試験日を把握して、逆算しながら、学習をするようにしましょう。

独学で勉強をする際に重要なのが、テキスト選びです。資格によっては、出題される内容がまとめられている公式テキストが用意されているので確認するようにしてください。

勉強の進め方ですが、公式のテキストを読終えたら、すぐに過去問を解いてみることがおすすめです。 いきなり過去問を解くことで、自分の苦手な分野を理解することができます。

また、どうしても分からない花序がある場合は、SNSなどを利用して解決することがおすすめです。

 

以上が、各勉強方法です。 「スクール」「通信講座」「独学」それぞれ勉強方法が違うことが分かると思います。スケジュールを組むことが苦手という方は、スクールや通信講座がおすすめです。 以上がパーソナルカラーを学ぶ方法です。

「スクール」「独学」「通信講座」それぞれ、違いがあることが分かると思います。パーソナルカラーの勉強をする際は、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

パーソナルカラー資格おすすめ3選

 パーソナルカラーには、多くの資格があります。 今回は、数ある資格の中でも、独学で取得しやすい資格を紹介します。 独学で資格取得を目指しているという方は、ぜひ参考にしてください。
  • パーソナルカラープランナー
  • 色彩検定
  • カラーコディーネーター
  • パーソナルカラー検定

それぞれの資格の特徴を解説します。

パーソナルカラープランナー資格

パーソナルカラープランナー資格(色彩資格)は、個人や個性に合わせたカラーを見つけることができるため、自分に似合った色を診断できるようになります。

仕事の幅も広がってインテリアデザイナーや、スタイリスト、アパレルデザイン、カラー診断士、同行ショッピングなど数多くのお仕事と相性抜群で、最短3週間で資格を取得できる、男女問わず非常に人気の検定講座です。

 

 

パーソナルカラープランナー資格取得講座

↑↑↑現在は期間限定でのキャンペーン実施中♪ 

 

色彩検定

色彩検定では、色の使い方や配色の方法を学ぶことができます。 色彩検定を取得することで「見た感じが良い」や「なんとなくセンスが良い」など完成や経験ではなく、理論的になぜ色合いが良いのか理解することができます。

そのため、色彩についての知識を身に着けたいという場合は、色彩検定の資格がおすすめです。合格難易度も低いため、色彩について初心者という方も、ぜひ挑戦してみてください。

 

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの資格は、色の性質や特性、色彩の知識が身につきます。色のもつ効果を心理的に利用することができるため、ビジネスシーンでも役立ちます。

パーソナルカラーの知識は、ファッションや美容で役立つと思っている方も多いと思います。カラーコーディネーターを学ぶと、広告デザインや商品ディスプレイなど、様々な場面で色彩の知識を活かすことができます。

色彩の知識を、現在の職場に活かしたいという方は、カラーコーディネーターの資格を取得することがおすすめです。

 

パーソナルカラー検定

パーソナルカラー検定では、個人々々の魅力を引き出す色を知ることができます。そのため、ファッションや美容などに色彩の知識を活かしたいという方におすすめです。

また、パーソナルカラーを理解することができると「パーソナルカラー診断」をすることが可能になります。

 

パーソナルカラー診断をすることができると、パーソナルカラリストとして活動することもできます。

将来、パーソナルカラーの知識を活かして独立をしたいという方は、パーソナルカラー検定を受講してみてください。

 

関連記事

パーソナルカラー16タイプ分割診断とは?おすすめサロンも紹介

以上が独学で勉強をする際に、おすすめなパーソナルカラーの資格です。 資格によって、学べる内容が異なることが分かると思います。

パーソナルカラーの資格を取得する際は、自分が身につけたい知識や技術を学ぶことができるのか、事前にチェックするようにしましょう。

そのほか、パーソナルカラーに関係する資格が知りたいという方は、パーソナルカラーに役立つおすすめ資格の記事を参考にしてください。

 

まとめ

 

パーソナルカラー知識を身につけると、色を論理的に学ぶことができます。プライベートだけではなく、仕事でも活かすことができる資格です。

また、パーソナルカラーの資格は多くあります。学べる内容を異なるため、自分に合った資格を事前に調べるようにしましょう。